古さを感じさせない作品

おはようございます。
コミュ障と嗤われることもあれば、コミュ力の塊と絶句されることもある荒川拓朗です。
人の言うことはあてにならないと常々感じます。

先日、Back to the Future1.2.3をようやく鑑賞しました。
一気見でした、面白すぎて。

どこが面白かったか、あげればキリがないですが王道とはこれだ、そんな感覚が胸中に手応えとして残りました。

キャラ、テンポ、1話完結じゃない1話完結で構成された3部作のまとまりの良さ…
いくつもありますが、特に僕が痺れたポイントは
『古さを感じさせない』
この点は、僕が作品に求めている何よりも肝要な事です。

その時の流行を追いかけることが新しいかと言われると、一概には言えないですが大抵『古さを感じさせない』訳ではないと思います。

製作者は流行も追いかける努力も必要だと考えていますが、それが新しさを感じさせるものではない。
流行はいづれ廃れ、退廃します。

では、どこで人は『古さを感じさせない』ことでワクワクし、見る人の心を震撼させられるのか。

僕は『網羅した情報から生まれる想像力』と『念出力』だと考えています。

例えば、鳥山明の絵に古さを感じさせないのは、彼の『網羅してきたデザインの情報から生まれる想像力』とそれを『捻出する力』が強固なものに仕上がっていたからではないか。

監督のロバート・ゼメキスもBack to the Futureを生み出すにあたって、情報収集やそれに基づいたり、基づかない自由な想像でワクワクする未来を夢想し、それを捻出したのではないか。

古さを感じさせないデザインや物語は
『多角的な情報』と『自由な発想』
『創造を捻出する地力』
から生まれると考えている。

売れるものには理由がある。

売れる理由も偶然や必然がある。

Back to the Futureは必然な流行だったと感じる。

流行を創造するなら流行に乗ってはいけない

ただ、知らなくて良い訳ではない

知って、想像して、ワクワクするモノを捻出する執念や制作への愛が

『網羅した情報から生まれる想像力』
『念出力』

この2つを強固にすることで、『古さを感じさせない』作品が生まれ、愛されるキャラやテンポ、まとまりある構成が作品を支える一助となり、『流行になる』

流行に乗るな、されど流行を知り、流行になれ

いわゆる僕の大好きな王道作品の秘密が『古さを感じさせない』にあると考える。

僕がBack to the Futureを面白く感じた最大の理由だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください