3/7

京アニの作品視聴歴は、聲の形、劇場版けいおん!、境界の彼方ほどしか目を通せていない。

たまこラブストーリーの前身であるたまこマーケットさえ知らずにみたものだから、冒頭から南の島で色黒の少年少女が餅をつき、愛らしいかませいぬのような鳥が口を挟んでいて、サムネイルやあらすじ、タイトルから想像していた話とはまるでかけ離れていたので喫驚した。

たまストを見る前に、Fateゼロの1話目を視聴し始めたが、画面や話が暗く、キャラに感情移入しづらく感じたので一度エスケイプした。
そのこともあってか、デラや京アニのキャラに酷く和んだものだ。
Fateも評価を見る限りきっと面白いのだろうが、再び見るのは少し先になるやもしれない。

話を戻すが、たまこマーケット等の予備知識なしで見始めた僕は新鮮な気持ちで視聴した。

京アニらしさ溢れる緩さや爽やかイケメンとゆるカワ少女の初々しい恋愛もの。
少年少女の始めと終わりの心理描写の変化、機微が丁寧に仕草や行動を通してアニメーションに描かれていて感嘆した。

この作品を見て感じたことが、キャラの心の声が一切当てられていないのだ。
以前、鬼滅の刃のアニメを幾らか視聴したが、キャラの心の声がふんだんに吹き込まれていた。

『心の声の有無』がどう違うのか。
単純にアニメーションで魅せているかどうかではないか。
補足として入れることが、決してタブーとされている訳ではない。
ただ、京アニの滑らかで自然な人の仕草や表情で何を感じているのか『視聴者が想像できる幅の伸び代』や現実では人の心の声が聞こえることはあり得ない『リアリティ』が、より引き込むことに起因するのではないか。

映画でも心の声がやたらめったら呟かれるよりも、映像で魅せてもらいたい、漫画でもナレーションやキャラの文章で説明されるより絵で見たい。

アニメ、映画、漫画は文字で補足することは可能だし、もちろんタブーではないが、『絵で見せろ』の意味が自己解釈だが形成され始めたように感じる。

たまこラブストーリーは見てよかった。
好きな人は好きだろう。

大切な人へ言葉を伝えることは大事だし、想いを告げることや誠実さも人間なら大切にするべきだ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください