47都道府県各地で手持ち花火をするヒッチハイク旅 10日目

10日目見聞録。

28台目 古賀SAまで

壇ノ浦PAのベンチでだらしなく横になって寝ていた。

子供のはしゃぎ回る声をBGMに健やかに、硬い長椅子による背中への痛みを伴ってようやく目覚める。

と言っても、最近は専ら遅寝早起きで、日中目が覚めているようで寝ているような気がする。

早速ルーティンと化したヒッチハイクで、目的地の博多へ向かうべく、SAの民に声をかけて回る。

声をかけていただく。

HMさんと奥さんの2人。

奥さんは、人見知りらしく最後まで名前は分からず、3人で撮った写真も顔を隠して撮られた。

HMさんはかつて、高校を卒業してから25まで自衛官をしていたらしい。

現在は、労基の局員と、造船所の職人さんという2つの顔を持つ。

労基の局員もそうだが、造船所に勤める人も初めて会った。

間が独特で、そこで話は終わらんだろうという節で長い間がある。

会話の切れ目かと思うと、話を再開する。

そんな話し方をする人だった。

労基をしていると、労働における問題の仲裁をすることになるから、ストレスが溜まるらしい。

旅をするなら、今だと動画を撮って、YouTubeに投稿したほうがいいのではないかと、HMさんに提案してもらった。

かなり賛成だ。

やらなかった理由、少しだけヒッチハイク以外の部分を撮ったけど、大して撮らなくなった理由はある。

車内で撮らない理由は2つ。

止まってくれた時にしろ、走り出した時にしろ、提案すれば空気が悪くなる予感があるし、失礼だと思う。人を見て、聞いてみるのはいいかもしれない。

2つ目の理由、その時間は乗車している人間だけの世界にしたい。

他の時間について撮らない理由は、単にバッテリーの問題、代わり映えする映像がない、大抵ヒッチハイクをしている時間となる。

ヒッチハイクを動画にするには、気持ちよく相手の許可を取ることが大前提だろう。

今は分からないが、少なくとも始めたての時は不可能だと思われる。

今でさえ、人によってはダメだと思う。

その時はその時だとも思えるが、そこまでして撮ろうと思わなかったし、文字でいいと思ったから撮らなくなった。

文字は大変だし、映像なら鮮明にその空間を切り取れるから、やってみたい気持ちは存外ある。

降ろしてもらう際に、大量のタブレット菓子をいただいた。

熱中症に気をつけるように言ってくれた。

みんなとても心配してくださる。

奥さんも、車中では全く会話に参加されなかったが、乗る時、降りる時は笑顔で気を配ってくれたり、挨拶してくれたり、心配してくれるから人見知りではないのではないかと疑っている。

ありがとう。

29台目 キャナルシティ博多まで

人生3度目に見た他のヒッチハイカーと仲良くなった。

人当たりの良さそうな、同い年の男の子で、大量のダンボールの切れ端に目的地を書いて、向かっている最中だそうだ。

東京から遥々、熊本のはずれにいるおじいちゃんに会いに行くのだそうだ。

意味もなく47都道府県各地で手持ち花火をして回る漫画家志望の浮浪者よりも、かなりドラマチックなことをしている。

いつか、会うことを約束して別れる。

ヒッチハイクを再開する。

拾ってもらう。

KOさん、AOさん親子。

お二人とも、葬儀屋をしているそうだ。

山口から博多へ、買い物に来ているそうで、晴天の日のドライブはさぞかし気持ちが良さそうだ。

ジャンプの作家になることを、いつものように宣言すると、葬儀を軸にした漫画はあまり名前が上がらないことに気づいた。

実際、上手いこと話を展開させることができると、読者に死への関心、命の尊さを感じてもらうことが出来るだろうし、かなり感動しそうなものだ。

葬儀屋について描ける漫画家もそこまでいないのではないかという気がする。

葬儀のバイトはいい経験になるのではないかという話にもなった。

多くの経験を積むべきだ。

若いうちはがむしゃらに生きなきゃいけない。

年齢を重ねると、出来ないことや挑戦するための一歩を踏み出すことが億劫になり始めるという。

家族もできると、とてもやりたいことをすることは難しくなるそうだ。

だから、今のうちにやりたいことはやりなさい。

こう何度も言われると、最早確信とも言えるのではないかと思える。

時間は有限、1年を1分と思え、やりたいことをやれ。

キャナルシティの駐車場で降ろしてもらい、別れるギリギリまで、花火をAOさんが、カメラと水2ℓをKOさんが持ってくれた。

優しい、凛とした、責任感のある人たちだった。

ありがとう。

この後、ヒッチハイクで同じく福岡に向かっていた18ferの友人と、ゲストハウスで合流することになる。

Twitter⤵︎

https://mobile.twitter.com/18fes_connect

インスタ⤵︎

https://www.instagram.com/takuro_connect/?r=nametag

#旅 #ヒッチハイク #旅行 #たくろー #出会い

#47都道府県各地で手持ち花火をするヒッチハイク旅

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中