迷い

『僕は、5500円を払って7時間を買っている』

これは、いつも往復2時間かけて仕事場へ行き来して、5時間働くはずの時間帯に、出勤しない非番の日のことを語っている。

時給1100円のバイト、ただただ作業をする。

自宅との往復時間を含めて7時間をひたすら5500円のために過ごす。

出会う人もいつもと変わらない。

なんの変哲もない普通の人だ。

そこで、実は知られざる一面があった!なんていう不毛な考えはこの際捨ててもよいのではないか。

なんにせよ、僕は他に会いたい人がいるのに、戦う業界があるのに、その人に会うことをせず、そこに踏み入れていないことに対して酷い焦燥感に駆られる。

ここの人や業界を否定しているのではないことだけは間違いない。僕がやろうとしていることと明確にかけ離れている。

ただその一点だけだ。

どうして僕はこのお仕事をしているのだろう。

なんの感動もしない、そのお仕事をしている時間は、ひたすらに乾いた心で業務に向き合ってしまう。

そこに、何の意味があるのだろう。

君は、まだ理解していないだけで、3年は続けよう。

こんなことを言う人がいれば、迷わずはっ倒してもよいという法案でも可決しねぇかな。

3年は大きい。絶対。

だから、続けろと言うのも理解できる。

だけど、3年根をはる覚悟を決めるとしたら、今の職場に決め打ちすることはまずない。

出るべきか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中